Blog クロス張替え 壁紙張替え。

クロス張替えや壁紙張替えを手掛ける町のクロス屋さんのブログです。

 

杉並区 アパートの内装工事

IMG_3349

 

IMG_3347

ようやく杉並区ワンルームの内装工事が終わりました。

壁紙は白一色で天井と壁面を張替えて、

枠周りはチョコレート色で塗装。

襖は壁紙クロスで木目調にして、流し台の扉は

横縞柄にダイノックシートで作り付け。

そして浴室はパネルで仕上げて床面には浴室専用の

小洒落た塩ビシート。

最後はダイノックシートで浴室の壁面にボーダーラインを

ぺたっと貼って完成。

それはそれは幕の内弁当的な作業内容となりました。

ありがとうございました。

 

吸音ボードと下地作り

IMG_3268

天井に吸音ボードを施工してきました。

これは壁紙材とは違い、一枚づつビスで留めていか

なくてはなりませんのでちょっと手間だったりします(>_<)

素材は音を吸う構造になっているので触り心地は

スポンジケーキのようにふわふわ。

施工するには優しく扱わなければヘコみ痕がついて

しまうので気をつかいますね。

天井(素材)を押さえながらの施工になりますから

力の加減により手のあともくっきりついてしまいます。

IMG_3276

こちらはコンクリートに貼られた既存の壁紙を

すべて剥離処理しています。

通常は壁紙を剥がす際、裏の紙まで剥がしませんが、

今回は新築時の下地を復元させて下地をてっかてか

に可能なかぎりでこぼこを無くして平らにします。

この技は新築のアフターメンテナンスでかなり経験を積んで

おりますので私の得意技でもあります。

繊細な手作業となりますので、このような内容の仕事は

好きっすね(^_^)a

 

トイレの改修

IMG_3230

時間を見つけてうちのトイレを改修して

おります。

けっこう、やる気の本気度が高めで奮闘して

いたりします。

何故なら・・・・・

団子貼り工法で仕上げられたタイルを剥がして

みておりますが 、なかなか下地が壊れてくれ

ないからです。

団子貼り工法とは、下地とタイルの隙間を

お団子の形にで練られたセメントで圧着した

工法になります。なのでタイルを剥がすには、

その「お団子」も一緒に剥がさなければなりません。

これがひっぱたいてポロポロ取れてくれれば楽なの

ですが、こちらの思うようにはいきません(>_<)

IMG_3231

ひたすら金槌とバールで壊すとだんだん

手が痛くなってきたので今日はここまでにしておきます。

何故なら・・・・

壁が壊れる前に私が壊れてしまうからと判断

いたしました。

壊しの作業は兎にも角にも やり遂げる根性が必要。

最後まで辛抱強く頑張るしかありませんが

自らが壊れてしまっては元も子もありません。

IMG_3233

と、まぁこんな感じです。

それでは皆さんごきげんよう〜 (^_^)a

痛さこらえて

IMG_3139

ちょうど一週間前の深夜、下腹部の痛みと

嘔吐により病院へ救急車で担ぎこまれた息子。

あれこれ検査した結果 、盲腸(虫垂炎)であることが判明!

そこで今後の方針を考えて二つの選択!

その①  手術してぺいっと虫垂切除か?

その②   薬で痛みを散らしてこのまま行けるところまで

行ってみるか?!

さぁ〜〜どうする!!

担当医の説明だと、

「虫垂を取ってしまえば今後は今回のような痛みは

ないでしょう」

「先々になって痛くなってから切除すればいいか!?

の選択でも構わないが、このままにしておくことで

腸に穴が空いて破裂することもあります」とのこと。

悩む・・・(-_-)

まぁ、どちらにしても痛い思いはするのであります>_<

と、そんな訳でとりあえず様子見ということで絶食を強い

入られてしょんぼり・・・です。

 

天井のクロス張り

IMG_3123

先日から始まりました小平市にて戸建ての壁紙張替え。

きょうはリビング天井のクロス貼りでした。

リビングの天井は7メートルの長さになりますので

アルミ性の足場板を2枚縦に繋げるように

並べて平均台を作り、その上での作業ですね。

ときおりお客様から・・・

「天井ってどうやって貼ってるんですか?」って

ご質問を受けることがありますが、

このように施工しております^ ^